2021年07月19日

夏着物

”夏着物に挑戦したい”と、ずっと思っていた。

ただね、夏はとにかく暑すぎて、着物を着る着すら失せてしまう。本麻なら涼しいとか聞くけど、本麻の長襦袢いくらやねん?(笑)本麻の長襦袢と着物買ったら軽く10万超えてしまう帯や小物の出費だってバカにならないし、冬以上に周りからの目も気になるからね、ハードル高い。

それでも夏着物への憧れはあるので、半襦袢で着られそうな阿波しじらあたりをずっと狙っていた。自分で縫えば仕立て代浮くな~。家であの面倒な作業しても私の腕では仕上がり具合なんてしれているし、そうなると着るの嫌になっちゃうかもな~。今年は結論出ないから、来年また考えようかな~。…なんて、一人脳内会議を繰り返していた。

先日着物屋さんに行ったら、夏物最終セールをやっていた。案内のチラシはもらっていたけれどセールは混むだろうし、最大80%OFFと書かれてはいてもそんなものは即日なくなるだろうからわざわざ行く気はしなかった。仕立てあがった着物を引き取るついでだったから気軽な気持ちで夏物を見せてもらっていたら…出てきちゃったんだよね、80%OFFの可愛い反物。若女将、お客さんの好きそうなものが分かるんだよね、さすがプロ。

で…まだ先のつもりだった夏着物、お仕立て頼んじゃいました(笑)だって、80%OFFだよ⁉少しくらい安いだけならもう少し探してからって思うけど、さすがにこの値段は他にはない。もちろん、「私にだけ値引き」してくれるお店ではないので意味不明な値引きは一切してくれない(笑)あと、80%OFFは反物だけなのでお仕立て代は適正価格。お仕立てでもお直しでも、和裁士さんに適性な料金で仕事を出すことにしているお店なので、そこは納得。

世にはびこる「展示会商法」や「囲い込み商法」・「意味不明の大幅値引き」も怖いが、この着物屋さんの「買わなくていいよ商法」も相当怖い。結局毎回買っちゃうもんなぁ。でも、この着物屋さんへ行くのは毎回楽しみだし、どうせなにか買うのであればこの店にお金を落としたいって思う。

お仕立てをお願いした夏着物が仕上がるのは9月。それまでに夏着物に合わせられるよう、細い糸で半襟編もうかな?タコになれるほど足袋は編んだので、次は襟元を制覇したいと思います(笑)でも、編んだ半襟って可愛いのかしらね?


posted by おさかな at 20:00
"夏着物"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: