2021年07月08日

かせくり器と糸巻き器

かせくり器と糸巻き器、編み物しない人にはなんのことやら…の道具。かせくり器は「かせ」になっている毛糸を輪の状態でかけておくモノで、糸巻き器はその名のまま、糸を巻くモノ。

市販の毛糸には玉で巻いてあるモノとかせのまま売っているモノがあって、かせだとそのままでは編めないから玉の状態にしなくてはいけない。かせくり器と糸巻き器があればあっという間に玉巻が出来るようなので欲しいところだけれど、購入するのにお金が要るだけでなく保管場所も必要なので手が出せずにいた。

先日アマゾンでかせくり器と玉巻き器がセットで3000円くらいで売っていて、これは買うしかないのか!って思ったんだけど…。

いろいろ調べてみたんだけどね、玉巻き器のサイズ以上の玉は巻けないことに気付いたんだよね。糸結びなく編めるのがかせの利点なのに…。私の手巻きだと中心を空洞にせず丸く巻くからしっかりとした玉になるし、どんなに大きくなってもそのまま巻ける。ただし、丸いからよく転がって追いかけることになる(笑)玉巻き器は中心に芯棒の大きな穴があるし、手巻きよりふわっと巻くだろうから同じ大きさの玉でも長さは手巻きのほうが長くなる。だとすると…面倒でもひとりで巻くほうがいいのかな。

昔の映像にあるみたいに、手にかせをかけて手伝ってくれる人がいればいいんだけど、長時間にわたる作業をしょっちゅう頼まれたら誰も手伝ってくれないだろうからね。私はいつもひとり黙々と巻きます(笑)DK(並太)100g400mでだいたい30分かかりますが、今アメリカから取り寄せているかせは倍の長さだから、ひとかせ巻くのに60分!大仕事だな💦

かせくり器セット買えば解決すると分かってはいるけれど、結局自分で巻き巻きすることになりそうです。今若ければ買うのもありだけど、生涯あと何かせ編むのかって考えたら100はいかないだろうしね。

アメリカから糸が届いたらこれを編みます頑張って玉巻きするぞ!
EFF177FC-F1A5-44FC-9CC6-88C907C06A58.jpg
posted by おさかな at 09:27
"かせくり器と糸巻き器"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: