2018年06月20日

どうぞ、ごゆっくり

ボス先生に両松葉って言われたから、今は両松葉でお散歩している。ナースステーションを通りかかったら、病棟師長さんに声をかけられた。

「あれ?何で両松葉?」

先生に両松葉に戻されたと説明すると、

「レントゲン、なんかあった?」

…いえ、何もありません(苦笑)

昨日先生に言われたことを伝えたら、師長さんとその周りにいた看護師さん達が大笑い😅そのあと師長さんが言った。

「筋力つくまで仕方ないねー。ごゆっくり」

ゆっくりの選択あったんですか⁉︎(笑)…って、現時点で既にゆっくりコースだけどね😛
posted by おさかな at 10:51| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

手術30日目

今日は仲良くなったおばあちゃん達の退院日。整形の果ての自分の病室から反対側の果てまで挨拶に行った。

両脚同時に置換したお母さんと名残惜しく話していたら、いつもより早い回診のボス先生が来た…。

「えらい遠征しとるな」

遠征する程熱心に頑張ってると訴えたら…

「遠征しろとは言ってない、日常でいいって言っとるやろ?」

遠くまで歩いたのに叱られた?(°_°)

ボス先生行っちゃってからもお母さんと暫くお話ししてた。田舎のお母さんにとって、同じ病気で同じ経験をした人がいることはきっと初めてのこと。「色々教えてくれてありがとう、楽しかった」と言われた。沢山痛い思いをしたであろうこの入院が楽しかったと言われて、それが一番嬉しかった。頑張る期間はもう終わり、これからは無理せず自分の脚と相談しながらゆっくりと良くなる過程を楽しんで欲しい。

もうお一人、転院するおばあちゃんにもご挨拶。明日からどこ歩いても出会わないと思うとちょっと寂しい😢

別れの感傷に浸りながら部屋に戻る途中、廊下にボス先生がいた。気付かれないよう、なるべく離れたところを通り過ぎようとしたら…

「昨日より上手くなっとるな」

今、褒めました⁉︎

私:「私、先生に褒められたの初めてだよ!」
ボ:「そんなことはない」
私:「いや、今まで一度も褒められたことない!」
ボ:「忘れっぽいだけやろ?」
私:「退院の日には『よく頑張ったね』って褒めてね、最後なんだから!」
ボ:「はいはい」

いや〜、ボス先生に褒められる日が来るとは感無量。でもあんまり喜んでるとまた叩かれる。「昨日より上手なだけで、おばあちゃん達より下手」とか言われそうだもんね(苦笑)

ボス先生が言うスタスタは、要は2拍子。実際の私の歩きは3拍子か4拍子。1拍目の左脚は何とかいけるけど、後の2拍もしくは3拍は右脚が止まってる。これを2拍子に持って行くのが今の課題。もちろんかけられるだけの荷重を術脚にかけながら…。1度に2つのことは無理だな。とりあえずリズムから行くか(苦笑)

夜の回診、「筋肉痛になっとらん?」と、ボス先生。ちゃんとなってますって…😅「ちゃんと頑張って」の言葉を残し去っていった。

だから、ちゃんとやってるってば…遠征までしてね(笑)歩かな歩かんで絶対文句言われるからね、私が思う程度の自主練は必要でしょ。

両松葉に戻ってるから、お兄さん先生明日驚くよなぁ(笑)ボス先生、カルテに両松葉のことまで書くかな〜?明日朝が楽しみ💕

頑張って歩いてるけど相変わらずリズム感なし。ちょい筋肉痛で脚は惰性で動くだけ。夕飯食べたら歯磨きで内科まで出張して(洗面所が内科にある)、夜デイルームまでのロングコース1本歩くことにしましょう。実際は洗面所の方が遥かに遠いんだけどね(笑)
posted by おさかな at 09:12| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

手術29日目

夕べは考えごとが多く寝付けず、1時前に寝れたと思ったら4時には目が覚め、お隣の外国の方のイビキでもう寝られず(苦笑)こういう日は昼寝すればいっか?入院中なんだし(笑)

本日2/3荷重初日。ボス先生にも朝から「ちゃんとかけてね」と念を押される。

お兄さん先生によると、相変わらず筋トレ禁止・可動域訓練共に禁止のままらしく、荷重のみのアップ。2/3指示なので片松葉で練習した。体重計で計る限り、だいたい2/3かけられている感じ。

今日のリハビリにより、本日より片松葉自立ゲット。…っていうか、毎回やってすぐフリーってどうよ⁉︎(笑)お兄さん先生から病棟看護師さんへの通達は、片松葉・両松葉・車椅子の使い分けは本人の判断とのこと。要は野放し(笑)

リハビリから帰る途中、病棟看護師長さんが通りがかった。「片松葉になったね!」と声をかけられたので、「今日から2/3です」って答えたら、「(先生は)慎重だねー」って笑われた。こいつまだ出せんのかって思ったよね?

午後、意を決して2回目の片松葉お散歩に出た。運の悪いことにボス先生が後ろに来て言った。

ボ:「そんな歩き方しか出来んのか?」
私:「?どんな歩き方?」
ボ:「スタスタ」
私:「それは無理…」
ボ:「そんな歩き方なら荷重の練習にはいいけど、両松葉でなるべくかけてスタスタ歩け」

またしても全否定😱両松葉でもまだスタスタ歩いてないのに…道のりは険しい(苦笑)

お兄さん先生、明日おやすみなんだよね。この事実知ったら笑うな😅

そして夜、回診に来たボス先生から恐怖の言葉が…。(両松葉を渡しながら)「はい、歩いて」

実は私、今まで三動作歩行をしていた。片松葉で二動作にしていたけど、両松葉だと術脚を松葉と一緒に出すのがきつい。もちろんスタスタには二動作しかないので、「(松葉と)一緒に(術脚)出すんだよね?」と顔色を伺うと、当然と言った表情…。

恐る恐る二動作で歩いたら、今度は支持脚をもっと前に出せと鬼コーチ(泣)頑張らないと二動作にならないから、監視の目が後ろから来るのを感じつつ歩いていると声が飛んで来た。

「その辺のおばあちゃんより遅いやんか?」

それ、仕方なくない?でも口答えは許されないため、「実は私95なんだ〜」と誤魔化そうとしたら余計怒られた(笑)

まだリズム良く歩けてないって言われたけど、絶対私の方がボス先生よりリズム感あると思うよ😝

そういう問題じゃないか?💦

おばあちゃん達が続々とボス先生のテストに合格する中、私は追試が続いております…(苦笑)
posted by おさかな at 04:56| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

おさかな骨折疑惑?

ほかの整形患者さんからよく聞かれること。「どこ骨折したの?」…どこも骨折してませんが?

今日も同じTHA2本目の患者さんから、「ギプスは取れたの?」と、聞かれた。私、ギプスしてましたか?(笑)

言いたいことは分かりますけどね、若くてもTHAする人はいるんですよ。…って、おばあちゃん達にはよく分からんか😓

術後1週間のおばあちゃんが杖で歩いていて、術後4週間のわたしは取り戻した車椅子…何かおかしい(笑)
posted by おさかな at 16:25| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

イケナイこと?

昨日外出てコンビニに寄ってもらった。スーパーは怖くて無理だからコンビニ。
前回の退院後も、仕事行く途中でコンビニ寄ったことがあった。あの時は片松葉で、それでも人目はひくし買い物しにくかった。

昨日両松葉でコンビニ行って…、まだ足取りに力ない感じがした。片松葉でコンビニ行ったのは術後ひと月半以降だから、今と比べても仕方ないけどね。

別に用事なかったんだけどね、なんとなく悪いことしたくて(笑)ちょっとだけお菓子買ってきた😊

食事制限全くないから悪いことにもならないんだけどね(笑)
posted by おさかな at 16:11| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

手術28日目

昨日は外出先で失恋気分を味わい、夜寝付けず(笑)目が冴えてしまい、日付け変わるくらいまで失恋気分に浸ってた。実は…外出してる間に車椅子使われちゃって…このまま頑張るべきか、おねだりするべきか思案中。

車椅子の行き先はお向かい、今日THA90のおばあちゃん。年取ったら術後耐えられる気がしないと言う私に、「90でも切る」と言ったボス先生…。マジだったんですね💦普通の股関節症以上に厳しい術後に、90の私は耐えられるのか⁉︎(笑)

新入り90のおばあちゃんに、「やっぱり手術したら痛いんかね?」って聞かれた。びびってる感はなかったから、一番辛い数日は硬膜外麻酔が効いているし、傷の痛みより動けないことの方が大変かも…、でも今まで我慢した痛みに比べたら大したことない、すぐ元気になりますよって答えた。

目の前のベッドで、私が4週間前に受けた処置が行われてるのって、なんか緊張する。

今日は月曜だからリハビリ計測の日。私利私欲のため記録更新を狙うお兄さん先生だが、残念ながら横ばい(笑)可動域さわれないんだから仕方ない。これで改善したらPTの存在意義否定されちゃうよ(笑)

レントゲン撮ったら次の荷重指示が来る。どうなるか、本当に読むのが難しい。「ボス先生がどう言ったとしても急に負荷を増やすことはしない」ってお兄さん先生は言ってくれるので、私は安心してついていくだけ。

でもね…今週も、荷重増やした翌日リハビリお休みなんだって😱しかも今週も週3回休み…。1人でやれってことよね?さすが鬼PT(笑)

夜、レントゲンの結果をボス先生が言いに来た。何て言われるのかと思ったら…「かけられるだけかけていく」という表現で、具体的には2/3!

2/3…優しすぎん?(笑)「優しいね?」って言ったら、「全部かけたっていいけど、まだかけれんから、それなら現実的なところで2/3くらいかけていって、最終的には杖でいければいい」って。「どうせかけれん」ってまた言われた(笑)

今時、早期退院が主となっているのに2/3荷重ってあんまりない気がする。これもしかして大転子対策ではなく、私がかけれんからしゃーねーなーってこと⁉︎

ま、いっか。緩やかな荷重増は筋肉痛になりにくいし、私も日々の積み重ねの延長でやっていける。先生がどう言うかは結構重要で、退院日を仮定し逆算しながらリハビリをしていかなければいけない。決して手前から知らされることはないから、先生の言葉から次の手を読むのは重要。だから毎週お兄さん先生と私は予想に必死になる。

お兄さん先生も私も、満足なレベルで退院出来ないことは分かっているから…、少しでも先へ進んだ状態で退院を迎えられるようにと思っている。

明日からも頑張って歩こう😊

そうそう、車椅子取り戻しました(笑)レントゲン呼ばれて、整形病棟の果てから放射線科の果てまで歩きたくなくておねだりした💕これで深夜のトイレも安心😊



posted by おさかな at 07:30| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

手術27日目

昨日はいっぱい歩いて疲れたから、夕飯後歯磨きしたらそのままベッドでゴロゴロ。そのまま朝まで寝た(笑)勿論ずっと寝たわけじゃないけどね。

お向かいさんは今日が退院。途中プチトラブルがあって入院が延び、それまでが経過良かっただけに不安が強いようだった。私が入る前はあちこちの部屋の先輩(って言っても1週間前に切ったとかの先輩)達に色々わからないことを聞き回っていたとか?(笑)

私がウロウロするようになってからは私が質問を一手に受けることになり、当たり前だが私は必ず答えを返すのでそれが有り難かったと何度も言われた。

私からすればなんともない話しなんだけど、初めてのことはいくつになっても不安だからね。

退院の日、外に出た瞬間感じるのは開放感よりも不安感。でも、自信は後からついてくる。今日の一歩(まさしく一歩)が明日の自信に繋がる。頑張り過ぎず、でも甘えず、この不自由さを楽しみながらやり過ごして欲しい。そしていつか、周りのお友達が頸部骨折するようになったら、今度はあなたが自分の経験を話してあげて欲しい。退院、おめでとうございます^o^

で、私はと言うと…ただの暇な日曜日。体重測定とシーツ交換以外予定なし(笑)あんまり暇だから高校の後輩捕まえて川向こうまで行ってきた。

久しぶりの下界は刺激的だけど、病院着いた瞬間思ったのは「帰って来たな」だった。もう家と化している(笑)これから暫く、またここでお利口にしています^o^
posted by おさかな at 07:34| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

皮膚科他科受診

先週も腕に湿疹が出来たんだけど、一昨日から乳房に湿疹が出来た。昨日の担当さんにそれを伝え、様子見にしてたんだけど…今日見たらヘルペスっぽい😓

今日の担当さんに見せて説明したら、すぐに整形の先生に他科受診依頼かけてもらえるようお願いしてくれた。

皮膚科では、帯状疱疹、単純ヘルペス、カポジ、どれも否定出来ないからと検査をした。帯状疱疹だったら明日外出してる場合じゃないよな…と、どうでもいいことを考える(笑)

検査の結果、帯状疱疹は陰性。顕微鏡で見るとウィルスに侵されてる細胞があるから…と、単純ヘルペスの診断となった。

放置しても治るんだけどね、折角病院にいるし、薬使えば早く治るからね。

他科受診って私にはハードルが高い。どうしても診てもらうと言い張れば紹介されるだろうけど、整形の先生が紹介してくれるかはわからない。今日の担当看護師さんは中堅どころで判断が早い人なのがラッキーだった。

先週もヘルペスかなとは伝えたんだけど、断定できるだけの確証がなかった。ちゃんと結果が出てすっきりしたし、今日の担当さんの判断は素晴らしいと思った。

経験は人を賢くする。沢山の患者さんをみることで、判断の基準が正確になってくる。今日の担当さんもともと好きだけど、より惚れた(笑)

皮膚科の先生も優しい人だった。ボロ病院で会った先生はみんな優しい。それだけでも病人には有り難いね。

前の入院でもヘルペス出たんだけど、免疫落ちてるのね?骨に達する程切ってるんだから仕方ないよね。

間違い。達するじゃない、骨切断だった(笑)
posted by おさかな at 14:42| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

皮膚科にて

松葉杖で皮膚科行ったら皮膚科の看護師さんに聞かれた。
「どうしたの?」

子どもの時からの股関節脱臼で、何度も手術して、やっと両方人工股関節にしたけど、それでも先生には「今までよく持った」と言われたことを、相手の質問に答える形で説明した(笑)

「若いのに大変ねぇ」そうなんども言われたけど、後で考えた。

私のこと、いくつと思って言ってたのだろう?(苦笑)


posted by おさかな at 14:26| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

手術26日目

今日明日と、同室の方の退院が続く。顔見知りが少なくなるのは寂しいけど家には帰りたくないから、もう少し置いてもらえないかな〜って思ってる。満床続いてるからいつ肩叩かれるか分かったもんじゃない😓個人的な読みではあと2週は固いと思ってるけど、どうかな?

今日は朝からリハビリ。リハビリの鬼:お兄さん先生から、「今日は天気がいいから遠回りして外から行きましょう」と鬼宣言。ボロ病院は外もボロなので足元悪いところを歩いてリハ室へ…。

歩きは部屋との往復でこなしているので、リハ室では腰のアプローチだけ。まだ腰は痛いけれどかなり緩和されてきたと感じている。お兄さん先生から見ても、まだ左側の筋肉が固いけど、徐々に離脱できるように考えていると言われた。体もだけど精神的にも上手に離脱しないといけないもんね。

今日は術脚を少しだけ、寝たまま少し膝を立てる程度だけお兄さん先生が動かした。本当は可動域訓練は全面禁止なんだけど、お兄さん先生のささやかな抵抗のようだ(笑)本当はやりたいって言ってた。

もちろん何故禁止なのかはお兄さん先生も分かっているんだけど、相反する指示…筋トレも可動域訓練も一切せず歩けるようにする…には悩みどころ満載なわけで、人ごとじゃないんだけどお気の毒です😅

気になる来週の指示ですが、お兄さん先生はもう一週置いて全荷重と予想。私は正直読みきれない😓1/2荷重と言いつつ両松葉のまま来ちゃったし、来週は片松葉な気もするけど…流石に来週全荷重出来る気はしない。

お兄さん先生としては、片松葉にはせず両松葉のまま荷重を増やして行き、時間が足りるのであれば全荷重まで行きたいようだ。片松葉にすること自体あまり意味はないそうで、確かに両松葉でもかけようとする意志さえあれば術脚に荷重出来るもんね。

全荷重に関しては、免荷指示が全て取れないと杖一本には出来ないって言ってた。前回一瞬練習しただけで出番のなかった杖…今回はどうでしょう?

お兄さん先生にこっそり伝えておいた。片松葉への心の準備はしていることと、松葉で退院と言われても凹まないだけの覚悟があるってね(笑)

部屋から大回りでリハ室行って、記録更新した。あんなに歩いたのは初めて。距離伸ばすのは勿論、歩行の中身が伴うようにしたい。

今日はリハも遠回りして、病棟から皮膚科へも松葉で行って、いつもより沢山歩いた。楽に歩いているわけではないけど、腰の痛みに影響されず歩けて嬉しい。

月曜はレントゲン撮影の日。大転子くんはお利口しているかな?(笑)
posted by おさかな at 08:34| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする