2017年10月30日

発見☆

可愛いおばあちゃんとお友達になった。明後日手術のおばあちゃん、ちっちゃくてハキハキしていてとっても可愛い♡
おばあちゃんも何度も手術しているそうで、「手術なんてなんともないよね〜」と、意気投合(笑)

初めて、同志をみつけたよ☆

病棟には頑張ってる人が沢山いる。必ず成果の出る手術をしてるんだから、私も頑張らなくちゃ^o^
posted by おさかな at 10:39| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

術後28日目

放置プレイの週末を耐え、やっと月曜(笑)今日は週に2回しかないシャワーの日なので嬉しい♡喘息っぽい感じはまだ継続してるけど、やることはやってる(薬)ので、気にせず無理せずにいこうと思う。

今朝はUKAのお母さん、腰のお兄さん、事故で感染のお姉さん、骨折感染のおじさんとデイルームで朝会議(笑)UKAのお母さんから、「事故のお姉さんがおさかなさんと話したがってる」と昨日聞いたので、今日初めてゆっくりとお話しした。事故のお姉さんとはよくトイレで遭遇していたので今までも挨拶はしていたんだけどね。私よりひと世代下だと思うけど、病棟には若い世代がいないから気になっていたんだろうね。私の退院はそう遠くないだろうけど、仲良くしてくれる人が出来るのは嬉しい。

実はデイルームでの朝会議の前、トイレ前でも腰のお兄さんと骨折のおばあちゃんと会議してたんだ(笑)これぞ、入院生活(≧∀≦)

朝食後、久しぶりにボス先生登場。「どう?良くなってきた気がする?」って聞かれた。長い目でみれば間違いなく良くなってるけど、この週末とか限られたら実感ないよね?(笑)それにピークフロー下がってるし…ここのところ呼吸器の調子が悪いことを伝えたら、「ま、ボチボチやって」だって。定型文か⁉︎(苦笑)4週経つんだけど、肩叩きまだしないの?まだ出たくないので自分からは聞かないけどさ^^;

毎回「ボチボチ」しか言われないって、私甘やかされてる?

夕方、予定より早くお兄さん先生登場。片松葉でリハビリ室へ移動した。月曜恒例の計測は、屈曲110度正確には112度だから先週より4度アップ。でも、外転・内旋・外旋は変化なし(TT)中臀筋が弱いのも原因だけど、骨盤にも問題があるのでそう簡単に数字は伸びないそうです。

腰痛は治まってきているので、様子をみつつ今後はストレッチだけ行うことに。私が訴えた痛みはよくない種類と感じたお兄さん先生がいろいろ考えてしてくれていたマッサージ。何がどう効いたのか素人の私にはわからないけど、ここまで歩けるようになったのは間違いなくお兄さん先生のお陰だから感謝感謝です。

床への座り方、立ち上がり方はクリアしてるものの難題が残ってる。今は健肢役の左の膝が内に入ってしまう…。今はこれでいいんだけどつぎの手術の時にネックになる。手の力だけで床に座ったり台に座ったりしてはどうかと実演を交え話し合ったけど、お兄さん先生からは「今はいいけど、30年後これはきつい」って言われた。「30年後って、これからずっと…一生この座り方するの⁉︎」…、股関節が緩い間気を付ければいいと思っていたので、口には出さなかったけど驚いた。脱臼と感染は一生の課題ってこと…肝に命じます(TT)

当たり前だけど…PTの先生はとにかく脱臼のことを気にする。看護師さんにその話をしたら、「実際脱臼した人を何人もみてきたから、注意し過ぎくらいがいい。ふとした拍子に脱臼肢位になるから」って言われた。慎重な性格に生まれ変わらないといけないのかも…。

今日もリハビリで杖なし歩行をちょっとして、片松葉で部屋まで戻った。今日の歩行をみていてお兄さん先生には、またひとつ私の弱点がわかったらしい。術脚に荷重しきれないのは、大腿部の筋力が弱いからじゃないかって。それは私も感じてた。荷重しようとしても大腿部に違和感があって載せきれない気がしてたから。お兄さん先生が提案するトレーニングは大体がいつも私がしているものが多いけど、負荷かけ過ぎない緩やかなメニューを新たにもらったので、気が向いた時に試してみることにします。

気が向いた時にというのは…積極的に鍛えることはしないでと言われていることと、お兄さん先生自体が筋トレを勧めるのが好きじゃないから。ずっと(一生)続けられないトレーニングより、負担なく継続出来るようなストレッチを教えてくれます。

お兄さん先生の指導受けられるのもあと何回なんだろう?T^T退院翌日から出勤の可能性がまだあるけど、運転できるかもわからないしとにかく仕事に行きたくない。ずっとここにいたい…(苦笑)

夜ボス先生に仕事の話した。「ひどい職場やな」って言われて、ちょっとだけ気が晴れた。でも、説明していたら泣けてきちゃって…私、今までボス先生の前で泣いたこと一度もないんだよね。人生の汚点って感じ(苦笑)

ボス先生に宣言した。さっさと左もやって仕事探すって。ボス先生には「それならまず右をちゃんとしなくちゃな」って言われた。いつまでもここにいられないことはわかってるけど、「仕事行きたくないから出たくない」とは言っておいた(笑)

今日も退院日の話は出てないけど、ボス先生にこう言われた。

「退院は片杖か片松葉だな」

…ランクダウンしてるT^T術前説明で片杖って言ったのに〜。多分、片杖までいかんかもって思ったに違いない。悔しいので片杖試してみたけど、今日のところはまだダメでした(苦笑)
posted by おさかな at 07:36| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

術後27日目

呼気の数値が落ちていて体調が悪いせいか、昨夜は寝つきも悪く夜中もしょっちゅう起きていた。今朝のピークフローは275、昼は240、夜は285で黄〜赤信号。吸入ステロイドも内服もサボっていないので、このまま良くなることを期待したい。

午前中、仕事の後1時間程寝たら少しは楽になった気がして、お昼の散歩に出かけた。日曜は外来も休みだから、電気も付いてない人気のない二階を散歩。一番奥の整形外来のところで奥さんにハーモニカを聴かせているおじいちゃんがいた。歩いている私を見つけたおじいちゃんが言った。

爺:「お姉ちゃん、学生さんか?」

電気付いてなくて暗いとはいえ、ここで返事したら犯罪だろ⁉︎でも、私の他に誰もいないし…

おじいちゃんとはちょっとだけお話ししてさよならしたけど、ステキなおじいちゃんがだった。

入院中の奥様は車椅子に乗っていて、おじいちゃんがハーモニカ吹いていてもいなくてもずっと手を叩いてる。きっとおじいちゃんの奏でる曲を理解しているわけではないのだろう。それでも奥さんが喜ぶであろう曲をずっとずっと吹き続けていた。明るく世間話してくれたおじいちゃんもきっと大変なんだろうな…。

喘息気味でなかったら、おじいちゃんのハーモニカに合わせて歌ってみたかった。

お散歩のあとは同室のUKAのお母さんとデイルームでお茶して、その後一緒に散歩に出た。顔見知りの患者さんがどんどん退院していく中、多分UKAのお母さんとはほぼ同時期に退院できるんじゃないかとお互い思っている。31日には腰のお兄さんが退院するし、土曜日には骨折のおばあちゃんが退院する。この場だけの付き合いとはいえ、同じ病棟で生活を共にした仲だからやっぱり寂しいね。みんなおうちに帰ったら無理せずボチボチ頑張って欲しい。

放置プレイの2日間がやっと終わる(笑)こんな日曜もあと1回?2回目はあるかな?
posted by おさかな at 10:35| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

もうすぐお兄さん先生の学会での発表時間。うまくいくといいね^o^

ガンバレ、お兄さん先生!
posted by おさかな at 07:59| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ピークフロー

木曜くらいから鼻炎のせいか、鼻の奥が痛くなってた。ちょっとだけ鼻水や咳があったんだけど、夕方ちょっと胸が苦しく感じた。
ピークフロー測ったら270…。喘息までいかないけど不調。薬サボってないのにな。明日はお散歩お休みかも。

ピークフローメーターを持ち帰ってもらう準備していたけど止める。暫く測るわ。
posted by おさかな at 17:23| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

術後26日目

今日は仲良くなったおばあちゃんの退院日。朝トイレでおばあちゃんと会ったから立ち話していたら…なんと、面識ある人だったこたが判明(*_*)どうりで話しやすい感じがしたんだわ。

おばあちゃんとは、私が独身の頃から2年に一度ジョイントコンサートで一生歌う仲だった。名前を聞かれたので「おさかなです(原文ママ)」って答えたら、知ってるし話ししたことあるって言われた。変わった名前って、こういう時役に立つのね(笑)おばあちゃんの娘さんやご主人にも挨拶し、自宅へ帰られるのを見送りました^o^

地元の病院だから知り合いがいてもおかしくないけど、こういう再会は嬉しい♡もっと早く知りたかったけど、病院で趣味の話とかしないからねぇ。わかっただけでも良かった♡

朝ごはん後トイレに行く途中ジョージに出会った。この2日ジョージは連休だったから、顔を見るのは久しぶり。久しぶりに会ったジョージが言った。

「ちょっとみない間にだいぶ(歩行が)上手くなったね!」

ジョージにそう言われると嬉しい♡松葉に頼る部分が少なくなったからか、体の傾きがまっすぐになってきたって^o^

当たり前だけど、多少の波はあっても一定期間は右肩上がりなんだよ。まだ暫くは毎日出来ることが増えていく。右脚はもっと歩けるようになるし、もっと自由になる。細々とでいいから頑張らないとね!

喜んでいたのも束の間、夕方から少し体調が悪くなった。発作までいかないけどピークフローが落ちている。幸い明日は日曜日だから、少しペースダウンしよう。

夜、同僚達が病室に寄ってくれた。余程のことがない限り私に続ける気力は湧かない気がするけど、同僚達のことは大好きだから困るんだよね。逆の立場なら辞めて欲しくない、一緒に頑張りたいと思うから。

心が折れたんじゃないよ。腹が立ったから自分で折ったの。人に絡んだりはしないけど、自分の中の世界では気が短いから(苦笑)理不尽なこと言われたら折れる前に折っちゃう(笑)

明日も放置プレイの日…早く月曜にならないかな?
posted by おさかな at 08:37| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

PTの技

片松葉でリハビリ室へ行く時は、お兄さん先生が外転枕と松葉杖1本を持っていってくれる。

エレベーター待ちをしていたら、突然お兄さん先生が松葉杖を自立させて遊びはじめた(笑)「PTなんで(笑)」って、お兄さん先生笑ってた。

病室へ戻ってから私も挑戦してみた。でもね、私には出来ないのよ^^;PTってすごいよね(笑)

次にお兄さん先生に会う月曜までにマスターするってのはどうだろう?そんな暇あるなら歩けって話だけど(笑)
posted by おさかな at 17:28| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

術後25日目

昨日から鼻の奥が痛い。アレルギー性鼻炎かな?点鼻使ってるけど、まだ改善せず。ボロ病院のボロ売店、まだ行ったことないけど、マスク買いに行こうかな?100均で買ったマスク持ってきたんだけど、全く使い物にならなかったからさ…^^;

朝起きて、もしくは夜寝る前にトイレへ行こうとすると、術脚に力が入らない。力を入れようとしないとまだ荷重をかけられないということだね。頑張れ右脚!

今日のリハビリも、病室から1㎝仮補高して片松葉でリハビリ室へ行き、そのまま階段昇降。お兄さん先生、思案中みたいな顔をしたあとこう言った。「ちょっとおさかなさんいじめてみようかな?」

おいおい…勘弁してくれ(笑)

お兄さん先生のいういじめは、平行棒の中を独歩(*_*)

やれと言われることですからね、やりますよ。但しクオリティは求めないで(笑)

独歩したけどね、あれを独歩と呼んでいいかは疑問(苦笑)中臀筋が弱いので体の傾きがあるけど、現時点では仕方なし。どの程度出来るかの確認ってところかな?「カルテに独歩した」と書くってお兄さん先生…それ、止めてもらえます?今度は通り魔(ボス先生)に独歩させられるから(笑)

その後は腰へのアプローチと床からの立ち上がり練習をして、片松葉で病室へ移動。明日明後日とお兄さん先生は学会で留守だから週末は自主練。ちょっとつまんない。

部屋に戻ったら装具屋さんが来たので、補高をお願いした。装具屋さんの話では保険での補高は最近うるさいらしく、実費ですることになった。でも、思ったよりはすごく安いので問題なし。左を人工にしたら靴は使えなくなっちゃうけど、思い出の品にすればいいや(笑)

リハビリ後両松葉で売店行った。鼻の奥が痛いからマスクと飴買ったんだけど、さすがに歩き過ぎで腰がだるい(*_*)土日は安息日にするしかない?
posted by おさかな at 06:57| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

今日の夜勤担当看護師さんは、私をオペ室に送ってくれた人。
最近はない時もあるけど、基本は日勤夜勤共担当さんが傷のチェックをする。

夜勤担当さんが傷を触りながらチェックしてくれた。

看:「すごい傷だね」
私:「12㎝切るって説明だった」
看:「いや、それはない(笑)」

今は傷の小さい人が多いから、相対的に見れば大きな傷になるよね。

因みに私の患部は股関節なので、傷チェックはズボンを下ろします。当然パンツも見られることになりますが、それが当たり前なので抵抗ありません。ナースマンでも躊躇なく脱げます(笑)術後のあの時期を経験しないと理解出来ない感覚だろうなぁ(笑)
posted by おさかな at 17:22| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする

人工置換なんてよくあること

午前中母が来て、実家近くに住む、同級生のお母さんを連れて来た。会うのは何十年ぶりなのかわからないくらいだったけど、顔は変わっていないのですぐわかった。

同級生のお母さんは、4年前この病院で左人工股関節置換術を受けたそうだ。母のお友達にも何人も同じ手術をした人がいる。

今この年齢だから人工の人が周りにいないだけで、20年もすれば私の周りにも人工の人は珍しくなくなる。そう考えると、なんだか面白い。
posted by おさかな at 10:26| Comment(0) | 2017年右人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする