2021年09月20日

小千谷縮、無事仕上がりました

運針すら出来ないくせに縫い始めてしまった小千谷縮。

小千谷縮はそこそこお高い反物で、普通の神経であれば初縫いの練習台にはしないシロモノ。それを、プロが水通し・裁断印付けをしてくれることをいいことに、出来上がる確証なく買ってしまった私。好きな色柄だし、投資した分を回収せぬわけにもいかず、毎日仕事から帰ってからちくちくし、10日程で無事完成☆

でもね、「単の縫い方」を参考に頑張ったんだけど、完成してから薄物の端始末は違う方法だと知ってしまった。普通は端1cmくらいを折り返して縫うんだけど、薄物だとそれが透けてしまうから、「きっちり三つ折りで処理」するんだって。

完成してから知りたくなかった…。薄物とはいえ濃色なので着てしまえばわからないんだけど、日に透かしてみるとわかるし、何より自分が「失敗した」ことを自覚したまま着ることになる。気に入って買った反物だし、どうせなら気分よく着たいので、しぶしぶ縫い直したよ。直すのはロングな直線4ヶ所だけど、そこを縫い直すためには裾と衿も縫い直し。非常に面倒な作業でイライラしつつ頑張りました(笑)


↓直す前、試しに着てみた。
814F35EC-5CE4-473F-84FC-15DD03B3EBB6.jpg

↓指で押さえた箇所が1センチ巾で始末したところ。右側の濃色との間が布1枚なんで透けて見える。この部分を三つ折りにして色の差が出ないよ始末しました。
BE321595-DA6D-4A77-9624-25F95F82189E.jpg

裁断印付けが不要だとプラモデル感覚で縫えて楽しかった。理解力の不足から何度も縫い直しをしたから、本来1個でよいはずの糸を3個買いました(苦笑)色柄が増えるシーズンが来たら、今はまだ持っていない綿麻を縫ってみたいと思います。もちろん裁断済みのオプションつけてね(笑)
posted by おさかな at 23:25| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

三重仮紐と四重仮紐

三重仮紐と四重仮紐を作ったよ。
734ECB2A-A98C-4EFB-9629-ACAB081C212E.jpg

下にある黒いゴムが三重仮紐。紐はリバティなんだけど、帯揚げ縫った残り布なので途中継ぎがある。

上の白いゴムが四重仮紐。こちらの布は在庫布。ミシン出すの面倒だし、ゴムに厚みがあってどちらにしてもミシンで縫うのは難しいからテキトー手縫いで作成。

これ使った帯結びを練習しなくちゃね!
posted by おさかな at 23:43| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

二十世紀のクリームチーズパイ

地元の農園で買った二十世紀でパイを焼いたよ。
F41D1596-0D16-4741-BE8E-762EC02E9E2A.jpg

料理雑誌に載っていたレシピを参考に、冷凍パイ生地にクリームチーズ塗って、梨とほんの少しの砂糖をのせて焼くだけ。

クリームチーズに砂糖入れてないし二十世紀は甘さが立つ品種じゃないから、美味しいかは不明(笑)まだ食べてないからね😋
posted by おさかな at 15:11| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

無謀な挑戦?

いつかは…と思っていたんだけど、とうとう始めちゃったよ、着物の仕立て。

昔々、何をどうやったのかも覚えてないけど、ヤフオクで2000円で買った反物を浴衣に仕立てたことがあった。どこの反物かも知らないし水通しもしなかったけど、一応形にはなった。

今度は着物を縫うのもいいなぁ…って妄想していたんだけど、裁断考えるだけで怖くて出来なかった。柄合わせなんて絶対出来ないし、鋏入れるのを想像するだけで苦しくなる(苦笑)だいたい13mもある布の水通しなんて無理😅

でね、思い出したのが裁断印付けサービス。そんな面倒なことやってくれる着物屋さんがあるのよ。(いつも行く着物屋さんではありません)オプションで水通しと裁断印付けしてくれたら…私でも縫えると思わない?😀

どうせ縫うなら夏着物!伊勢木綿の綿麻か、片貝の綿麻、新之助上布も捨て難いし高嶺の花小千谷ちぢみなんてもう最高…色々妄想していたら、好みの色柄発見!それがなんと、高嶺の花小千谷ちぢみだったのよね💦

小千谷ちぢみは長襦袢必需かと思ったら説明には半襦袢なら居敷あてオプションでと書いてあった。長襦袢買わなくて済むなら小千谷ちぢみもありだよな。夏物最終セールだったこともあって、勢い余ってポチッ(笑)

その後お店からのメールで、小千谷ちぢみは和裁初心者には少し大変と書かれていたんだけど、なんちゃって洋裁の経験で乗り切れるんじゃないかって思った。一応和裁の本もずっと前に買ってあったしね。難関の裁断印付けをしなくて済むのならなんとかなるんじゃないかな?

裁断印付けは完全オーダー。秋に届けばマシかなと思っていたら、タイミングが良かったらしく注文から半月で届いた。あんまり嬉しくてね、夕方届いた瞬間から取り掛かって片袖縫ったよ。

和裁用語も知らないし、意味も分からず縫ってる私…本当に大丈夫かな?でも、小千谷ちぢみを雑巾にするわけにはいかないから頑張らなきゃね💦

こんな感じで届いたよ。素人向けの印付けなんて、仕立てより面倒だろうね。和裁士さんに感謝です💕
B659B698-5FF0-4D20-AC63-25DB3E21163B.jpg

こういう色大好きなんだよね。しかもぼかし縞なので面白い着物になる…はず。涼しくなる前に着られるかな?一度くらい着て、洗ってからしまいたいな。

水通しはされているんだけどまだごわつきのある小千谷ちぢみ。着て、洗っていくうちに柔らかくなるんだろうな〜なんて、まだバラバラのパーツでしかないのに妄想しています(笑)

初挑戦、失敗に終わったら笑ってやってください🙏
posted by おさかな at 00:57| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

半衿編みました

半衿を編んでみました。
5E9294E4-8D1B-4849-A11A-02D134C0C811.jpg

右はエミーグランデで編んだ半衿、左は絹糸で編んだ半衿。
F1E52415-C429-4515-9758-2630972DB3C0.jpg
エミーグランデは硬いイメージがあったけど、これは柔らかい。ただ、エミーグランデは重いです。ずっしり(苦笑)絹糸はキシキシして編みにくかったけど光沢があって軽い。

右側紺色のものは先程と同じく絹糸だけど、色のせいか光沢はない。左はシルク混で少し厚手。秋冬にいいかな?
E564E6A0-D0E2-47D4-B55C-BF1F27BF68EC.jpg

半衿編んだのはいいんだけどね、実際に使っていないから本当に半衿として使えるかはわからないんだ(笑)涼しくなったら試してみます😊
posted by おさかな at 22:05| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

バッグの持ち手完成

以前作ったバッグの持ち手を付け替えた。

前付けていた持ち手は布帛で、バッグ本体であるエチノを買ったネットショップで一緒に買ったもの。色も気に入らず皺が目立つのが嫌だった。

そこで…持ち手を編むことにした。シルク混で冬感の強くない糸で編んだらいいんじゃないかと思って。

最初は鉤針で細編みにしたんだけどそれだと生地が硬くて、伸びるけど柔らかいガーター編みに変更した。
0C195100-C573-4941-AF8B-829E9A6BEA91.jpg
持ち手は2本のリボンなので、長さは自由自在。短くして手で持ったり肩にかけたり、長くして斜めがけショルダーにも出来るよ。
31D6ECE0-8DBD-49F3-B361-A9151DAA4DD2.jpg

↓これが以前の持ち手。同じようなものに見えるよね?完全に自己満足(苦笑)
B0021D93-2720-479F-9309-709D57F1F065.jpg

布帛の時は出来たリボン結びも、ニットだと厚みがあるから片流しみたいなリボンしか出来ない。でも帯結びみたいで、そこも気に入っている。あとは使い勝手かな?

使い勝手悪くても布帛に戻す気ないけどね。だって、ほどくの面倒くさいもん(笑)
posted by おさかな at 00:03| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年08月13日

ステテコ完成

夏着物用のステテコ、まずは1着完成
3C1FA0D7-63EC-446D-A92B-7E26A7AAF805.jpg
手縫いなので強度が心配だけど、運動するわけじゃないしね…大丈夫だと思う。もう1着分裁断してあるけど、そちらはまた今度。

レースが余ったから半襦袢"えりっ娘"の袖口にもレースを付けたよ。
52874958-EA4C-4254-A240-A71CB0179BC0.jpg

ステテコ縫う前にリバティで帯揚げを手縫いしたんだけど、この暑い中使う気もしなくてね…こんなことで来年夏着物着られるのだろうか?エアコンかけまくればいいか(笑)
posted by おさかな at 09:08| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

LIL&LOVE完成

ちょっと前に編み上がっていたショール、ちゃんと水通しをしてアイロンをかけたよ。
867EE6F4-92DC-4C3D-8309-D59AB11BBC15.jpg

アイロンかけて気付いた。写真に黄色いマーカーが付いてる箇所、一目落としてた〜😱

あとでこっそり修復したけど、一目落としたのに次の模様編みが合ってたのは何故?

F9E5BF7E-2E25-4072-8098-B51A3C64F103.jpg

素敵だと思ったデザインを、四苦八苦しながらも自分が再現できることはとても興味深い。
posted by おさかな at 21:19| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

編み散らかし…

先日も編み散らかした足袋の画像をあげたばかりだけど、あれからも編み散らかしていた。

この10日程の編み散らかしの結果…
D4C83C07-4123-40BC-A8AB-701D6CE5FB4A.jpg
糸始末しないまま次を編んでいることがバレちゃうね😅あまりにお行儀悪いのでちゃんと糸始末しました。
A4A564E6-81BA-4861-98C1-591553CE6A02.jpg

でもね、編み上がったショールのアイロンがけがまだなのよねぇ💦暑くてアイロン出したくなくて、ショールも編み散らかしたまま。夜アイロンかけてしまおうかな?

かな?じゃなくて、早くしまえよって感じだよね(苦笑)
posted by おさかな at 13:38| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする

2021年07月08日

かせくり器と糸巻き器

かせくり器と糸巻き器、編み物しない人にはなんのことやら…の道具。かせくり器は「かせ」になっている毛糸を輪の状態でかけておくモノで、糸巻き器はその名のまま、糸を巻くモノ。

市販の毛糸には玉で巻いてあるモノとかせのまま売っているモノがあって、かせだとそのままでは編めないから玉の状態にしなくてはいけない。かせくり器と糸巻き器があればあっという間に玉巻が出来るようなので欲しいところだけれど、購入するのにお金が要るだけでなく保管場所も必要なので手が出せずにいた。

先日アマゾンでかせくり器と玉巻き器がセットで3000円くらいで売っていて、これは買うしかないのか!って思ったんだけど…。

いろいろ調べてみたんだけどね、玉巻き器のサイズ以上の玉は巻けないことに気付いたんだよね。糸結びなく編めるのがかせの利点なのに…。私の手巻きだと中心を空洞にせず丸く巻くからしっかりとした玉になるし、どんなに大きくなってもそのまま巻ける。ただし、丸いからよく転がって追いかけることになる(笑)玉巻き器は中心に芯棒の大きな穴があるし、手巻きよりふわっと巻くだろうから同じ大きさの玉でも長さは手巻きのほうが長くなる。だとすると…面倒でもひとりで巻くほうがいいのかな。

昔の映像にあるみたいに、手にかせをかけて手伝ってくれる人がいればいいんだけど、長時間にわたる作業をしょっちゅう頼まれたら誰も手伝ってくれないだろうからね。私はいつもひとり黙々と巻きます(笑)DK(並太)100g400mでだいたい30分かかりますが、今アメリカから取り寄せているかせは倍の長さだから、ひとかせ巻くのに60分!大仕事だな💦

かせくり器セット買えば解決すると分かってはいるけれど、結局自分で巻き巻きすることになりそうです。今若ければ買うのもありだけど、生涯あと何かせ編むのかって考えたら100はいかないだろうしね。

アメリカから糸が届いたらこれを編みます頑張って玉巻きするぞ!
EFF177FC-F1A5-44FC-9CC6-88C907C06A58.jpg
posted by おさかな at 09:27| Comment(0) | handmade | 更新情報をチェックする