2018年07月09日

手術49日目

リハビリの時、お兄さん先生に「おかえりなさい」って小声で言われた。(お兄さん先生には自分で運転して名古屋行くことを伝えていた)リハ室まで歩く途中、和式トイレデビューしちゃった話をしたら、驚き過ぎてお兄さん先生の口が開いたままになった。(本人曰く、顎が床に着きそうになったらしい 笑)

「え?え?出来るんですか?」
「中腰ですか?蹲踞の姿勢?」

次々出てくる質問に対して、「普通にした」と答えた。「それで膝が内に入ってたら外れてましたよ!」って言われたけど、膝内に入っちゃうし…(苦笑)

「頑張ったら出来た」としか言いようがないんどけど、プロの目からしたらこの可動域と筋力でどうやれば和式トイレをクリア出来るのかわからないらしい。

月曜だから可動域測ったんだけど、測る途中も「この可動域で?」って呟いたり、「本当はもっと曲がるんじゃないですか?」とか言われたりした(苦笑)おさかな、詐病疑惑発生!だって、おかしいよね?50歳なのにTHAで8週目迎えてるの(笑)骨切り以上の入院期間だよ。

お兄さん先生がぶつぶつ言いながらずっと首を捻っているから「再現しよか?」って冗談言ったら、激しく拒否られた(笑)透視かけながら再現して論文書くっての、どうかな?

普段温厚なお兄さん先生ですが、今日はリハビリ中ずっと、「はぁ…」とか、「もう!」とか、ため息を繰り返してました(笑)ごめんね、もうしない。それと、お兄さん先生が叱られるから、ボス先生にも看護師さんにも内緒にしておくね。

お兄さん先生が考える「今回外れなかった理由」
1.ボス先生の手術が超絶うまい
2.術後ひと月以上経ってた
3.私だから
私だからってのは、昨日今日変股症になった患者ではないので、自分の脚の使い方をわかっていたって意味ね。

「結果オーライ」とは言われたけど、もう退院までお利口さんにしておかないと、お兄さん先生に追い出されちゃうね(笑)

今日はシャワーの日だったからか、お兄さん先生に叱られたからか、名古屋の疲れが今頃出たのか、昼間ダウンしてた。沈殿と昼寝の間くらいの感じ。午後レントゲンに呼ばれるまでダウンしてたけど、このままじゃいけないと反省しその後は起きてた。少しくらい杖で歩かないといけないしね。

夜回診で「ダウンしてた」って言ったら、「体調悪い?脚とは関係ない?」って、ボス先生に聞かれた。

多分脚は関係ないです…
正確には脚から来てるんだろうけど、先生が心配するようなことはなにもないです。和式トイレデビューした以外は(笑)←もち、黙ってました^o^

今日も杖歩行みるわけでもなく、「明日も頑張って」で終わった。今回はなんでこんなに気長に置いてくれるんだろ?(笑)

というわけで、退院はまだ決まりません^o^

posted by おさかな at 08:20| Comment(0) | 2018年左人工股関節置換術 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください